リニアモーターカー2027年開業が困難に?リニアモーターカーの必要性って⁉

 JR東海はリニアモーターカー2027年開業の予定で工事が進む中、

当初の予想より大幅に工事が遅れるかもしれない見通しを示しました。

静岡県とJR東海のトップ会談がきになるところです。

リニアモーターカー開業なぜ困難になったの?

リニアモーターカーが通るのは大井川の上流で、長野・山梨とをまたぐ「南アルプストンネル」です。

静岡県は、この工事により「大井川の水量が減るのでは」ということを心配しています。

その他、水にまつわる問題は人の命に関わる大事な問題なので簡単には済まない問題ですね。

 交通の便が良くなることは嬉しいですが、それ以上に自然の恵みは大事なことなので今後の話し合いが気になるところです。

そもそもリニアモーターカーの必要性って?

リニアモーターカーは愛知万博以降、愛知高速交通においてずっと運行してます。

静寂性も、乗り心地もかなり心地良くて現時点で継続的に使用している人達は満足しているでしょう。

必要性としては速さだけではなく、東海道新幹線のボリュームに余裕がない事情から計画当初は必要と判断されてました。

これとは別に、震災対応策の立場としての意義もあると思います。

近い将来起きると推測されている東南海地震。もしものときに東海道新幹線の後ろ盾の機能を果たすというわけです。

今日の東海道新幹線は国内の大動脈なので、その後ろ盾の機能は当然のことでしょう。

リニアモーターカー完成したらどんなメリットが有るの?

名古屋駅はリニア中央新幹線の駅新設工事をスタートしてます。

神奈川県も橋本駅の工事をスタートしてます。

駅が開発されれば、高層マンションも増え、イオンなどの商業施設も発展していきます。 これから先の地方の発展においては各停車駅近辺も開発が進むでしょう。

コロナの影響で今後、地方(地元)での生活も考えるニーズも増えることが予想されるので地方活性化の発展においては未来が楽しみですね。 

しかしまずはコロナの影響が収まることが先決ではありますが。

今後の課題は?

今のコロナ問題が原因で、これから先は今迄みたいに人々の移動が必要でなくなる可能性もあります。

テレワークが進み、都心部に住まないといけない考えも薄れていくかもしれません。

そうなると東海道新幹線のボリュームも、これから先、軽減される恐れがあると言えます。

まとめ

計画が見直されるとしても、リニアモーターカー事業そのものが無くなることは考えにくいとは思われますが完成時期が伸びることは大いにありそうですね。