免許証の証明写真で失敗しない男性の髪型のコツとは?その他NGは?

何より日常で身分証明書ということで、見せるタイミングが多い運転免許証。

提示した時に毎回恥ずかしい表情をさらす事の無いように写真撮影時には入念にスタイルを整えて、清潔感をアレンジしましょう。

髪型で特に注意する点は?

写真撮影の寸前に駄目だしされてあわてることが無いよう、ちゃんと前もって対処しておきましょう。

 免許証の写真の条件では「目にかからないこと」「輪郭がわかること」が示されてます。

目にかからないように前髪を上げたり、流すなどして髪型をお洒落にアレンジしておきましょう。

目元に影が見られると表情の印象が暗くなるので、特に前髪は必須です。

髪をジェルやスプレーでツンツンと立てるとかインパクトのある髪型は誠実とはいえない印象を与えそうなので控えたほうが良さそうですね。

また髪が長いケースは顔や首に掛からないことを心掛けるように。

ワックスなどで毛先がハネる「ふんわりヘアー」

暗めに写る免許証写真ではボサボサで不誠実に見えてしまう場合もあるので、できる限りビシッとキメましょう。

以前写真撮影の時に前髪が目に掛かっていて、

「ピシッ!」と七三分けにした苦い経験があります。

さらに、証明写真は(帽子をかぶらないこと)が基本なので、帽子は当日は着用して行かないように。髪型がめちゃくちゃになります。

顔は清潔感があってはっきりとわかるように

メガネやカラーコンタクトも顔を判別しづらくなるので、免許証の写真ではNGとなる場合があるので注意が必要です。

ヒゲに関しては、特に問題はありませんが、顔が判明できないくらいに伸ばしてる場合は輪郭がわかるように処理が必要です。

キレイに写るために、オススメの服装は?

何年も同じ写真を使用するので、季節を感じる服装は避けたほうが無難ですね。

以前夏の暑い日にTシャツで撮影してしまい、冬とかちょっと違和感がある感じになった苦い思い出があります。

オススメは襟のある白シャツが好印象で清潔感があって良いですね。

白色は光を反射するので顔色が明るくキレイに写る効果もあります。

まとめ

日常で何かと提示することの多い運転免許証。

毎回恥ずかしい思いをすることがないように、

撮影前に寝癖、目やにや顔のベトつき、はみ出した鼻毛などが無いか、再度確認しましょう。