40代の夫婦はエアコンをつけて寝る時の温度は何度くらい?考えてみた結果

本格的な夏に近づくにつれ我が家で悩みの種と言えばエアコンをつけて寝る時の温度設定です。共に40代の夫婦で部屋数が少ない事もあって同じ部屋で寝ています。

上沼恵美子さんが良く話題にしているようにある程度の年齢になってくると別々の部屋で寝れば何も問題は無いのでしょう。

しかし多くの一般家庭でも同様にそうもいかないのが現状ではないでしょうか。

梅雨に入ってきてジメジメと湿度も上がり、夜寝る時に熱帯に近い夏の夜。

ムシムシして寝るときのエアコンの温度を何度にするのか?寒がりの夫と暑がりの嫁さんで日々温度設定をする時の意見がぶつかっている問題を少しでも解消しようと考えてみることにしました。

色々と悩んだその結果28度で折り合いがつきました。

エアコンが寒い時の対策方法

1・エアコンが寒い時は上着を着る

長袖の上下のシャツ、ズボンを着る

2・掛け布団を見直す

夏にかける掛け布団としてタオルケットやオーガニック素材の麻などの軽くて涼しい物が多く使われます。その代わりとして軽量でダウン素材を使用した肌掛け布団などちょうど良くて最高の寝心地です。

ニトリの洗えるダウンケットNクールなどオススメです。

3・エアコン用風除けカバーを使用する

これは温度には直接関係しないのですが、エアコンの風が直接寝てる場所にくる場合には効果的です。ホームセンター、電気量販店、ネット販売などで2千円くらいから購入出来きます。

エアコン1台で2部屋を冷やす方法

現間取りは10畳のリビングと6畳の寝室が隣り合わせなのでリビングの冷房エアコンを付けて寝室に冷気を送ると寝室が快適な温度になります。 

リビングのエアコンの位置が、ちょうど寝室の入り口に向かって冷風が出るように取り付けてあるので寝室で冷房エアコンを付けるよりは壁で冷気が和らぎます。

エアコンの取付け位置の状況で扇風機やサーキュレーターを併用すると寝室に冷風を送れます。

その時のポイントとしては冷気のない部屋からある部屋の天井に扇風機を向けて風を送ります。冷房の冷気は下の方へと流れて行くので扇風機の風で循環されて寝室の方へ冷気が流れてきます。 

部屋の大きさやドアの位置によっては冷気がうまく流れ込まない場合があるので必ずしも効果があるわけではありません。

まとめ

  1. エアコンをつけて寝る時の温度は28度くらいがベストです。 
  2. 寒いときは長袖の上下を着る。
  3. 掛け布団を見直す。
  4. 風除けカバーを使用する。
  5. 1台のエアコンで2部屋を冷やすことを考える。

以上のように寝苦しい夏を快眠できるように考えてみました。40代の夫婦がより一層仲良く寝れるようにお互いを想い合って工夫しましょう。

※くれぐれも些細なことで違った意味のクールを味あわないように気をつけましょうね!