ニットについた毛玉をキレイに取る方法6選!そもそも毛玉を付けないお手入れ方法も。

そろそろ冬物の服の出番ですね~。季節の変わり目におこなう恒例行事、衣替えの時期がやってきました。

でも「久しぶりにお気に入りのニットを出したら、毛玉だらけで着られない~」「クリーニングに出すほどじゃないし、自分でも毛玉って取れるの?」なんて困っていませんか?

わかります。私も毎年ニットの毛玉に悩まされてきましたよ~。

着られなくなってタンスに眠ったままのニットが何枚も…なんて時期もありました。

お気に入りのニットが毛玉だらけになっていたら、すご~くショックですよね。

捨てたくないけど、放っておいても毛玉は取れないし…。そのまま着られないなんて、もったいない!

そこで、この記事ではあなたのニットを救うために、ニットについた毛玉の綺麗な取り方と毛玉を防ぐ方法をご紹介します。

これを読んで、ぜひお気に入りのニットを復活させてくださいね。

お気に入りのニットの毛玉をキレイに取る方法6選

ニットについた毛玉は、早く取って綺麗な状態に戻したいですよね。

そこで毛玉を綺麗に取る方法を6つご紹介します。あなたに合った方法を見つけてくださいね。

毛玉取りブラシ

ブラシでニットをブラッシングするのは、定番のやり方ですよね。さすがに定番だけあって、とっても有効な方法なんです。

ブラッシングすると、繊維の絡まりがほぐれてフワフワの手触りも復活します。繊維の奥に入り込んだ小さなゴミやホコリも取れるので、とっても綺麗になりますよ。

ブラシの種類もたくさんあって、天然の馬毛や豚毛を使った本格的なものもあるし、100均で気軽に購入できるものもあります。

やり方は、ニットの編地の目に沿ってそ~っと撫でるようにブラッシングするだけ。1つあると、ニットのお手入れにとっても役立ちますよ。

はさみ

ニットについた毛玉を1つ1つはさみで切り取っていく方法です。自宅にある道具で手軽にできますよね。

ただ、この方法で大量の毛玉を取るのはかなり大変です。確実に毛玉は取れるし、丁寧にやれば繊維を傷めないので、ニットの袖口や脇など部分的にできてしまった毛玉を取るのには有効ですよ。

くれぐれも生地を切ってしまわないように注意してくださいね。

カミソリ

はさみより、広範囲にできてしまった毛玉取りに有効なのがカミソリです。使うのはT字カミソリ。ニットの表面をカミソリで撫でるだけで毛玉を取ることができます。

ただしカミソリは刃物なので、力を入れ過ぎたり表面がデコボコしたニットだと生地を傷めることがあるので注意してください。

刃の切れ味が鋭いカミソリを使った方が、力を入れなくても毛玉がよく取れるので生地を傷めずに済みますよ。

スポンジ

スポンジを使って毛玉を取る方法は、広範囲の毛玉も簡単に取れることで最近話題になっていますよね。

ただこれも、ゴシゴシこすってしまうとニットを傷めてしまうので、あくまでもやさしく撫でるだけにしましょう。スポンジは目が粗いものを使うと効果的。100均でもすぐ手に入るので便利です。

セーターストーン

日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカでは定番のセーターストーン。

使い方はスポンジと同じで、軽くニットの表面を撫でるだけで毛玉がどんどん取れていきます。インターネットで購入可能だし、使い方もとっても簡単ですよ。

毛玉取り器

毛玉取り器なら、簡単に広範囲の毛玉を取ることができます。わが家にも100均の毛玉取り器がありますが、かなり優秀ですよ~。

毛玉取り器なら、毛玉をカットするので繊維を引っ張ってニットを傷めることはありません。

ただし、力を入れ過ぎるとニットに穴が開いてしまいます。私は失敗して穴を開けてしまったことがあります…。

ニットを傷つけないように「やさしく、そ~っと」は、ご紹介した6つの方法すべてに共通しています。気を付けてくださいね。

ニットの毛玉を防ぐお手入れ方法3選

毛玉ができてしまったニットはもう見たくない!毛玉ができないように、衣替えの前にしておきたいニットのお手入れ方法を3つご紹介します。

ブラッシングをする

1度着用するごとにニットをブラッシングしておくと、毛玉予防になるし綺麗な状態をキープすることができます。

衣替えでニットをしまう前にも、しっかりブラッシングしておきましょう。ニット用のブラシは出番が多いので、持っているととっても便利ですよ。

ニットは特別な洗濯を

ニットの洗濯にはネットが必須!ニットはかならず裏返してからネットに入れましょう。

洗う時は、洗濯機のドライコースや手洗いコースを使うか、手洗いをしましょう。「やさしく、そ~っと」が鉄則ですよ。

毛玉防止スプレー

洗濯したニットは、最後に毛玉防止スプレーをしておきましょう。これで安心して次の冬までニットをしまっておけますよ。

市販の毛玉防止スプレーは種類がたくさんあるので、あなたの好みに合うものを選んでくださいね。

まとめ

お気に入りのニットに毛玉を発見したら、ぜひご紹介した方法を参考に毛玉を綺麗に取って、また冬のおしゃれを楽しんでくださいね。

春になってニットをしまう時は、ブラッシング・洗濯・毛玉防止スプレーをして、次の衣替えで「毛玉だらけでガッカリ…」なんてことがないようにしておきましょう。