お歳暮のお返しはいつまでに贈る?お礼状の例文も伝授します!

いつもお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈られるお歳暮。

しかし、想定外の方からお歳暮を頂いた時に、「お返しをしないといけない?」「いつまでに贈れば良いのか?」と様々な事を考えてしまう…。

そうですよね、「失礼のないように」と考えれば尚更悩んでしまいますよね。

私もお歳暮を送る準備は出来ていても、お歳暮を頂いた際はお返しやお礼状などをどうしたらいいのか焦ってしまった一人でしたよ。

この記事では、そんなお歳暮を頂いたあなたに、お返しはいつまでに贈れば良いのか、そしてお礼状はどのように書けば失礼がないのかをご紹介します。ぜひ参考になさってくださいね。

失礼のないお歳暮のお返しのタイミングとは?

お歳暮を贈る準備はしていても、お歳暮を頂いた時ってありがたいと思う気持ち反面、お返しのことを考えると少し焦ってしまいますよね。

今からご紹介する手順を知ることで、焦ってお歳暮のお返しに悩まなくても良いのでぜひ参考になさってください。

1.まずお礼状を書く

お歳暮が頂いたら、まずはお返しのことを考える前に「お礼状を出す」ということを覚えておきましょうね。

「お歳暮の品が届きました。」と相手の方に伝えないと、お歳暮を贈った側は「届いていないのかなぁ。」と心配になってしまいます。

そんな心配をさせないためにもまずはお礼状という形で、「本日お歳暮の品が届きました。ありがとうございます。」という報告とお礼を伝えましょう。

お礼状は出来ればお歳暮が届いたその日に書きましょうね。年末の忙しい時期ではありますが、お歳暮の品が届いてから3日以内にはお礼状を送るようにしましょう。

「お歳暮のお返しと一緒にお礼状も送ろうと思って、お返しの品物を考えていたら時間が経ってしまっていた…。」な~んてことは、失礼にあたるので絶対にやめましょうね。

お返しの品物はお礼状を送ってからゆっくり考えても良いので、まずは「お礼状から出す」ということを第一に考えましょう。

2.お返しはいつまでに?

お歳暮のお返しは「いつまでに返さないといけない」というハッキリした日数はありませんが、早すぎたり遅すぎることは失礼に当たるので注意しましょう。

「そんな曖昧だといつまでにお返しすればいいのか分からない~!」と思いますよね。

では、あなたがお歳暮を贈った側になってみましょう。

お返しが早すぎると「お返しするのにバタバタさせてしまったかな?」と気を使いませんか?

逆に、お返しが遅すぎると「これは一体何の品物?」とお歳暮のお返しだということも分からなくなりませんか?

そうすると「お歳暮のお返しはいつまでにすれば良いか?」と考えれば、一週間~10日ほどの期間が空いていれば、お歳暮を贈った方に変な気を使わせず、そしてお歳暮のお返しだということも分かってもらえますよね。

3.お返しを選ぶときの注意点

お歳暮を頂いてから一週間~10日ほどの期間をかけて、「お返しをゆっくり選ぶことが出来て良かった~。」と安心してはいけませんよ。

実は、お返しする品物の「金額」にも注意が必要なのです。

お歳暮を贈って下さった方は、友人や同僚といった同等の方なのか、それとも目上の方や目下の方なのかによっても金額は変わってくるのです。

  • 友人や同僚の場合:同等の方なので、お歳暮で頂いた同額ほどのお返しでも失礼ではないが、半分(反返し)でも良い。
  • 目上や目下の方の場合:お歳暮で頂いた額の半分(反返し)ほどのお返しが好ましい。

お歳暮の半額のお返しだからと言ってキッチリ半額にするのではなく、5千円ぐらいのお歳暮のお返しは3千円ぐらいの品物だと考えて選べば、失礼に当たりませんよ。

間違ってはいけないのが、頂いたお歳暮の金額よりも高額のモノをお返しする事です。

これは「次からはお歳暮は要りません」という意味になってしまいます。相手に気を遣わせて、余計なことをしたと思わせてしまうので注意しましょうね。

もし「次回からはお歳暮は要りませんよ。」と伝えたい場合は、お礼状で伝えましょうね。

お歳暮のお返しをいつまでに贈り、その際の注意点も分かったけど、その前にお礼状を書かないといけない。

何を書けばいいか分からないというあなたに、次の章でお礼状の例文をいくつかご紹介しますね。

このまま使える!お歳暮のお礼状の例文3つ

お歳暮を送って下さった相手が、取引先なのか。それとも、友人や知人なのか。それとも、両親や親戚なのか…によっても、お礼状の書き方は多少違いがあります。

「取引先」「友人や知人」「両親や親戚」の3パターンのお礼状の例文を、ご紹介しますので参考になさってくださいね。

取引先へのお礼状

拝啓 初冬の候 ご繁忙な日々をお過ごしのことと拝察申し上げます。

さて、このたびはお心づくしのお歳暮の品をお送り頂きましてありがとうございます。早速社員一同で有難く頂戴いたしました。御厚志に改めて御礼申し上げます。

年末余日の少なき折から、皆様の一層のご健勝と貴社のますますのご発展を心からお祈り致します。

まずは取り敢えず書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

友人や知人へのお礼状

寒さがひとしお身に染みる季節となりましたが、皆様おすこやかにお過ごしのことと存じます。

さて、このたびはお心のこもったお品を頂き、本当にありがとうございました。主人も子供たちも大喜びで、早速美味しくいただきました。いつもながら細やかなお心遣いに恐縮するばかりです。

寒さはまだまだ続くようです。皆様どうぞご自愛ください。

お礼まで

両親や親戚へのお礼状

寒さも一段と厳しくなってきましたが、お義父様もお義母様もお変わりなくお過ごしでしょうか。
おかげさまで、私たち家族は毎日楽しく元気に過ごしております。

このたびは心温まるお歳暮をお贈りいただき、ありがとうございました。
子供たちは毎日夕食後に食べることを楽しみにしております。
いつも細やかなお心遣いに家族一同感謝するばかりでございます。

厳しい寒さが続きます。くれぐれもお身体にはお気をつけてお過ごしください。
まずはお礼まで。

いかがでしたか?簡単に3パターンのお礼状の例文をご紹介しましたが、一番は「感謝の気持ち」を伝えるという姿勢が大事ですよね。

まとめ

お歳暮が届いたらまずは「お礼を伝える」ということをしましょうね。

お歳暮のお返しをしてもしなくても、感謝の気持ちは伝えるということだけを忘れなければ、良い関係が築いていけますね。