ワイシャツの頑固な襟汚れの落とし方!黄ばみ黒ずみを真っ白に。

爽やかな風が気持ちよい、新緑の季節がやってきました。洗いたての真っ白なワイシャツは青空に映えますよね!

でも、ワイシャツの襟汚れってなかなか落ちないんですよね~。

「ワイシャツの黄ばみをなんとかしたいけど、どうすればよい?」「襟汚れって防げないの?」なんて困っていませんか?

わかります!私も夫のワイシャツを洗うたびに気になって、「この襟汚れを何とかしたい~!」と思って試行錯誤してきました。

ワイシャツの襟汚れは、早く落とさないとどんどん落ちにくくなっていってしまいます。

襟汚れが溜まって黄ばみがだんだん黒ずみに変わり、そして最後はゴミ箱行き…なんてことになったらもったいないですよね。

そこでこの記事では、ワイシャツを買ったばかりの真っ白な状態に復活させるために、しつこい襟汚れを落とす方法と、汚れを防ぐ方法をご紹介します。

わが家のワイシャツはすべて真っ白な状態をキープしていますよ!ぜひ参考になさってくださいね。

ワイシャツの襟の黄ばみや黒ずみを綺麗にする方法

ただ洗濯機で洗っただけでは、なかなか落ちないワイシャツの襟汚れ。黄ばみはさらにホコリなどの汚れが重なることで、黒ずみへと変化していきます。

まずは黄ばみの段階で汚れを落としてしまいましょう。黒ずみになってしまったら、さらに強力な方法で撃退する必要があります。

ワイシャツの襟の気になる黄ばみと頑固な黒ずみ、それぞれを綺麗にする方法をご紹介しますね。

黄ばみ編

用意するもの

  • 食器用洗剤
  • 使い終わった歯ブラシ
  • 酵素系の漂白剤

まずは、ワイシャツの黄ばみ部分に食器用洗剤をまんべんなくつけましょう。そこを使い終わった歯ブラシで軽くこすってください。

次に、ぬるま湯で軽くすすいでから、残っている黄ばみ部分に酵素系の漂白剤を直接かけます。

最後に、ワイシャツを洗濯機で洗濯します。これで軽い黄ばみならスッキリ綺麗になりますよ~。

ポイントは、使い終わった歯ブラシを使うというところ。

新しい歯ブラシは固いので、ワイシャツの生地を傷めてしまう可能性があります。使いこんで柔らかくなった歯ブラシで優しく洗ってくださいね。

使い終わった歯ブラシは、洗濯だけではなく水回りの掃除にも使えるので、わが家にはたくさんストックがあります。とっても便利ですよ~。

黒ずみ編

用意するもの

  • セスキ炭酸ソーダ
  • スプレーボトル
  • 酵素系の漂白剤
  • 洗濯洗剤

私はワイシャツの黒ずみを落とすものを探していて、初めてセスキ炭酸ソーダを知りました。セスキ炭酸ソーダって、洗濯だけじゃなくいろいろなお掃除に使えてとっても便利なんですよ。

重曹よりも強力だし、水に溶けやすいのでセスキ炭酸ソーダを水に溶かしてスプレーを作っておくと使い勝手がよいんです。

まずは、セスキ炭酸ソーダ水のスプレーを作りましょう。スプレーボトルに水500mlとセスキ炭酸ソーダを小さじ1~2入れて、よく混ぜれば完成です。

このセスキ炭酸ソーダスプレーを、襟の部分にしっかりかけましょう。そのまま30分くらい置いておいてくださいね。

次に、酵素系の漂白剤を黒ずみにかけ、その上から洗濯洗剤をかけて、使い終わった歯ブラシで優しくこすります。そのままぬるま湯に30分くらいつけておきましょう。

この時のポイントは、長時間つけておかないということ。

漂白剤をかけたまま長時間つけておくと、ワイシャツの生地が傷んでしまう可能性があります。

最後に、洗濯機で洗濯すれば完了です。久しぶりに真っ白になったワイシャツに感動しますよ~!

お手入れを簡単に!ワイシャツの頑固な襟汚れを防ぐ方法とは

黄ばみや黒ずみはご紹介した方法でスッキリ綺麗に落とせるけれど、できればその手間もかけたくないですよね。

そこで、ワイシャツの襟汚れを未然に防ぐ方法を4つご紹介します。ちょっとしたひと手間で、ワイシャツのお手入れが楽になりますよ。

早めの洗濯

ご家庭によって洗濯する頻度は違いますが、ワイシャツの黄ばみを防ぐためには着用後早めに洗濯してしまいましょう。

時間が経つとどんどん汚れは落ちなくなっていってしまいます。ちょっと面倒ですが、襟汚れを防ぐためにはワイシャツだけでも先に洗っておくとよいですよ。

襟用洗剤

襟や袖口の汚れを落とすための専用洗剤です。ボトルの形に特徴があって、先にスポンジがついているので直接洗剤を塗ることができるようになっています。

私はこの襟用洗剤をず~っと愛用しています。私にとってワイシャツを洗濯する時に欠かせないアイテムなんです。

毎日のお洗濯の時にササっと塗っておくだけで、襟の黄ばみを防いで綺麗な状態をキープできますよ。

糊づけ

襟に糊づけしておくと洗濯した時に汚れが糊と一緒にスルッと落ちてくれるので、洗濯機で洗うだけで綺麗な状態に戻るんです。

全体を糊づけすれば、ワイシャツがパリっとして気持ちよいですよ。

ワイシャツをパリッとさせたくない場合は、スプレータイプの糊を使って襟だけを糊づけしてくださいね。

襟汚れ防止用テープ

ワイシャツの襟にテープを貼って、汚れを防止するものです。これなら絶対に汚れませんよね。テープが汚れてきたら交換するだけなので、手間もかかりません。

これは画期的で私もびっくりしました。襟汚れは絶対にイヤ!黄ばみになんてしたくない!という時には、とっても便利ですよね。

まとめ

ワイシャツの襟汚れは、身近にあるもので綺麗に落とすことができます。

黄ばみの場合と黒ずみになってしまった場合、それぞれの落とし方でワイシャツを真っ白にしてくださいね。

でもやっぱり、買ったばかりの綺麗な状態が続くのが1番!ちょっとしたひと手間で真っ白なままをキープできるので、ワイシャツを買ったらすぐにご紹介した方法で襟汚れを防いでくださいね。